池波正太郎をめざして

読書の栞

日々の読書の記録、感想を書きます。

吉川英治「松のや露八」

 

 吉川英治の超長編はタイトルを見ると、だいたい時代設定や話の筋が分かる物が多い。ところが、「松のや露八」は一般的にはどの時代の話か、どんな展開なのかが分からない。

露八は明治以降に幇間になった後の名で、元々は土肥庄次郎といって、代々一橋家の家臣だった。ときは幕末の動乱の始まりの時期、会津藩松平容保が率いる軍が、京都守護として上洛する辺りの頃から始まる。

お情けで剣術の免許皆伝を得て、家に帰るとき、同朋に飲みに誘われたときから運命が流転する。その金を出したのは、のちに第一銀行を設立する渋沢栄一であった。ひょんなことから三姉妹と出会う。その真ん中のお蔦に翻弄され続ける。

お蔦は淫乱な女で、庄次郎とつきあっては他の男に浮気する。しかも、酒代の四〇両をもって他の男の元に走った。その四〇両を工面するために闘鶏の掛け金をせしめる。これが遠因になって、父親切腹して果てる。

流れ流れて、幕末の動乱に巻き込まれてゆく。

一方で弟八十三郎は勤王の思想にかぶれていた。流転を続ける兄庄次郎は八十三郎が幕吏によって捉えられるところも見てしまう。

あまり書いてしまうと面白くないので途中を端折るが、最終的に八十三郎は薩長の兵士として、兄庄次郎は彰義隊の一員として戦う。

 

この辺りが史実と違うと目くじらを立てる連中もいるのかな。

本当は八十三郎は彰義隊の一員として戦ったらしい。

squatyama.blog.so-net.ne.jp

(引用させていただきました)

森まゆみによると、「子母澤寛ならばこうは書くまい」と述べたらしい。

森まゆみは東京の出身。故立川談志家元によると、「本物の東京生まれは彰義隊びいき」なのだそうだ。だから、森まゆみがそう書くのはいたしかたない。感情的には非常によくわかる。

だが、このブログの書き手がどうして「史実をねじまげた」とまで、小説に対して強い言葉で書くのかは理解しがたい。読んでないのではないか。もしくは、読めてないのか。

というのも吉川英治には意図があって、そう書いたからだ。

 

吉川英治の実家自体が衰運によって、若い頃非常に苦労した。そのことについて書きたいから、兄は女で身を持ち崩し、弟は思想にかぶれてしまった、という設定にしたのである。時代に翻弄される父親の心情を書いたのだ。

吉川英治の作品には共通項があって、時代に翻弄される大衆を描くということだ。それは時代の変化とは関係がない。平家物語では麻鳥というオリジナルキャラクターまで登場させる。

だから、兄庄次郎は愚物に描かれる。幇間としてきちんと身を立てるのであるから、まったくの愚物ではないのだろうが。

 

庄次郎は作中、鳥羽伏見の戦いに出くわす。妓楼にいるのであるが、女もみんな家財道具を持って逃げ出す。庄次郎はそこに居座って、戦いで飛び交う砲弾を聞きながら酒を飲みまくる。薩長軍に見つかって、砲火のなか逃げまくる。そのときの街の情景に、関東大震災の影響があると思われる。

地震の前の妙な生暖かな様子、川を流れてくる死体などの描写にそれは現れている。

 

この作品のおもしろさは、明治維新の騒乱を英雄ではなく、江戸の市民の視点から描いているところだ。なにかことが起これば、我々一般市民は右往左往するしかない。

東日本大震災を経験し、北朝鮮がミサイルを撃ってきた今、そう思うのである。

松のや露八 (吉川英治歴史時代文庫)

松のや露八 (吉川英治歴史時代文庫)

 

 

 

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

「投資バカ」&「元コンビニ店員だけど、FXで月給100万ちょいもらっている話」

 

小説を書くのに、参考にしようと思って、両書を読んだ。

投資をやる人間というのはどういう傾向を持つのか、ということを知るためだ。

 

その目的に合致しているのは、(意外だろうか)「FXで~」の方だった。その傾向は別の記事に書くとする。

この記事のタイトルに惹かれてやってきた人は、投資について興味がある人だろう。

両書の特徴は、同じ展開をしているということだ。

著者の新山優氏、中野晴啓(はるひろ)氏には目的がきちんとあって、本を書いている。

新山氏は自分が儲けられるようになった経験を書き、もしかすると自分の元へ人を呼びたいのかもしれない。

中野氏は自身の会社の投資信託へ誘導したいのである。

それぞれの目的をきちんと把握した上で、読むべきである。

 

二人とも、自身の失敗をまず書く。

新山氏はFXで儲けられなかったこと。中野氏は自身が株式投資で失敗したこと。両者が借金を負ったことから話を始める。

そして、新山氏はとあるセミナーに参加したこと、中野氏は目覚めによって、開眼していく。

ここからがちょっと違う。最終的な目的は、それぞれ書いた。

 

中野氏は草食の投資を推奨する。

なぜ推奨するのか。

それは結局短期投資では儲けられないからだ。

たとえば、FXなど短期投資では売り買いのタイミングが重要だ。大きく儲けるには大きく相場が変動するタイミングを見極めねばならない。だが、数十年で1980年から2008年までの28年間、1万277日で、大きく上昇するタイミングは10日しかないということだ。

巨人ウォーレン・バフェットが、相場師の予想の逆張りをしまくったことがあったらしい。逆の動きに張ったのに、儲けてしまったらしい。ちょっと驚いた。

このようにして、投資は短期で行うものではなく、長期を行うもの、しかも株式の長期保有ではなく、投資信託の方が良いよ、ということを他の金融商品を否定しながら誘導していくのである。

 

新山氏の場合。

そのセミナーで基本的な投資のルールを教わる。

それは売買のタイミングのことである。損をしている人間は損をするタイミングで売買をしているのである、とセミナーの講師は説く。

だが、そのタイミングとはいつなのか。それを示すために、一般的な市場分析の手法を否定していく。そして、自身が行っている手法へ誘導していくのである。

これ以上は書けない。あまりにも内容が薄いからだ。実際に読んでみてほしい。

 

どちらも目的があって書かれたものなので、「なーんだ」と思ったら読めないと思ったら間違いで、実はその否定の論理こそが読む価値がある部分である。

そこにさまざまな分析手法や投資分析の短所が書かれているのである。

どちらがおすすめかというと、「投資バカ」の方だ。

 

投資バカ 賢い人は金融機関を信じない (朝日新書)

投資バカ 賢い人は金融機関を信じない (朝日新書)

 

 

 

元コンビニ店員だけど、FXで月給100万ちょい もらってる話

元コンビニ店員だけど、FXで月給100万ちょい もらってる話

 

 

 

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ