池波正太郎をめざして

読書の栞

日々の読書の記録、感想を書きます。

「新九郎、奔る」ゆうきまさみ

スポンサーリンク

正直を言うと、あまりおもしろくなかった。

主人公はのちに北条早雲と呼ばれることになる、伊勢新九郎である。

何がおもしろくないかというと、複雑な室町末期の状況をまんがによって説明していくのだが、これが複雑すぎる。平安末期と室町末期、江戸末期、とにかく政権が移り変わる末期の様相は説明が複雑になる。その上、説明しなければ話が進まない訳でもない。ある程度はしょってしまってもかまわないのではないか、と読んでいて思った。

 

登場人物の性格が小学生向きになっていて鼻につく。

新九郎の姉が妙に子ども子どもしているのだ。この後の展開を考えると、性格を急に変えなければならなくなるのではないか、と思った。

細川勝元の見た目がパトレイバー後藤隊長、究極超人あ~るのあ~るだった。それに不満は特にない。

 

ゆうきまさみということで、ある程度の読者は読むだろうという目算があるのか、一巻は退屈だった。普通は序盤の早めに、盛り上がる部分を作るのだが、説明に終始して皆無だった。このつづきを読むかどうかは少し迷う。