池波正太郎をめざして

読書の栞

日々の読書の記録、感想を書きます。

「高校生が感動した確率・統計の授業」山本俊郎

スポンサーリンク

 元々数学は苦手だった。赤点すれすれだったし。

そこからできるようにしていった。

ところが、確率・統計だけはどうしてもできなかった。

 

同じような思いでいる高校生や社会人は多いのではないだろうか。

特に統計の知識は社会人にとって必要な物である。身につけて損はない。

この本の特色は、説明が丁寧であるということだ。基本的に数学の授業は、教える側の知識があやふやである場合、その度は増すが、説明に飛躍が多い。分からないのはそれが原因だ。

「なんとなく、分かるでしょ」というフィーリングでどうしても数学の教師は説明してしまう。その論理の隙間をこの本は丁寧に埋めてくれる。

特に確率・統計の分野で煮詰まっている高校生には、一度手にとって読んでみてほしいと思う。

高校生が感動した確率・統計の授業 (PHP新書)

高校生が感動した確率・統計の授業 (PHP新書)