池波正太郎をめざして

読書の栞

日々の読書の記録、感想を書きます。

高村薫「黄金を抱いて翔べ」

 

簡単に書いてしまえば、大阪を舞台にした犯罪小説である。

銀行にある金塊を強奪するという話だ。

とはいうものの、実際に強奪をするシーンはそれほど多く描かれておらず、どちらかといえば、計画に参加した人物たちの人生を描くことに注力している印象だ。

金塊を強奪することを中心に据えたかったら、それを遂行して行く上でのトラブルを書いていけばいい。

つまり高村薫は群像劇が描きたかったのだ。

人物は大阪の片隅にくすぶっているようなやつらだ。

裕福な人物もいるが、なんとも胡散臭い。

学生運動をやっていた人物。もと某国のスパイ。肉体労働者。

静かに過ごしていたのに、犯罪の匂いのせいか、伏せていた過去が一気に追いかけてくる。

金を得ることがストレートな動機ではない。初期メンバーはそれほど金に困っていない。

なんとなく暴れたい。そんな不埒な動機だろうが、動機についてははっきり書いていない。それがレディージョーカーと違うところだ。

 

それにしても実際に銀行に金塊が保管されているものだろうか。

どうして現金じゃなく、金塊なのか。

実際に強盗をしても、現金だと後で足がつくからだろうか。

ロンダリングが厄介だ。

それなら、外国で金を取るに変えた方が現実だからか。

 

作家のテーマは初期に決定され、それがあまりぶれることはない。犯罪小説や警察小説という形態を取りながら、あくまで高村薫は人を描く。それも特別な人物ではなく、市井の人だ。みな何かを抱え、何かから逃げている。みなそういうものである。市井の人を見つめる高村薫の視線は常に優しい。

 

黄金を抱いて翔べ (新潮文庫)

黄金を抱いて翔べ (新潮文庫)

 

 

 

 

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ