池波正太郎をめざして

読書の栞

日々の読書の記録、感想を書きます。

剣豪将軍義輝

 

あらすじ

この本は二つの物語が軸になっている。表面的には、塚原卜伝を師事する足利義輝がどのように末期の室町幕の難局を脱しようとするのかが話の核だ。だがその裏では三好三兄弟の寵臣でありながら、下克上を達成していく松永弾正の話でもある。2つの話が交錯して進んでいくことがこの本の面白さである。

 

足利義輝

幼少期に想いを寄せた女性の影響で剣術を極めることを決意する。朽木鯉九郎、後の細川幽斎ら、腹心の協力の下、京から東国へと廻国修行に出る。お供は忍びの者の浮橋である。

道中、斎藤道三武田信玄織田信長、などの有力な大名と会い、その人物から多くの大名を魅了する。と同時に、室町幕府の政治を取り戻すため、頼みとなる大名も探す。

そして西では、倭寇の元締めである王直と出会う。

旅の途中には、明智光秀を家来にする。

やがて、鹿島での剣術修行を終えた義輝は宮地に帰り、幕府を壟断している三好三兄弟と対決していくのである。

松永弾正

三次長慶の執事であった松永弾正久秀は、三好家をもり立てながら、やがて主をも越えて天下を取ろうと画策していく。

この本の中の松永弾正の魅力は、プライドがないことである。剣術や忍術の使い手を利用して暗殺などをしようとするが失敗する。失敗したときに臆面もなく罪から逃れようと苦し紛れの態度をとる。例えば、顔を見られなければ暗殺の首謀者が自分にあるという事実から逃れられると考え、首をはねられそうになっても、絶対に顔を上げないでごまかそうとしたりする。子供じみたやり方だが、本書の後織田信長に攻め込まれ、派手に自殺をするまで、このようにして松永弾正はのし上がっていく。

この下克上の象徴である松永久秀を描くことも、著者がこの作品を書く動機になっているのではないか。例えば、作中では鬼十河など魅力的な武将も登場している。義輝の人物的な魅力を引き出そうと思えば、剣術を中心に描いた方が効果的なのである。それらのキャラクターと関わる話をもっと描くのである。それらを放棄してでも、松永弾正を描くことに力を入れている。物語の裏の主人公は、いや主人公は松永弾正なのである。

感想

クライマックスのシーンを描くことも、著者の目的なのである。

歴史上は登場しない人物を様々登場させ、その人物たちとともに義輝は松永弾正と対決していくのであるが、最後はちょっとした読み違いから、案外あっさりと破れていってしまう。同情を引く人物はすべて添え物であり、この義輝の最後を描くことに注力しているのがよくわかる。

歴史上、鎌倉幕府室町幕府の将軍は無力である。我々の将軍のイメージは江戸幕府のものである。特に室町幕府の将軍はか弱い。暗殺された将軍すら存在する。それも足利家の人間ではなく、家臣に暗殺されるのである。

この物語の将軍義輝はその将軍像をまさに具現している。剣術に秀で、性格も京童や信長などを魅了しながら、滅びていく。読者はその過程でどうして義輝が滅びて行かざるを得ないのか、本質が見えながらも物語を読みすすめていく。それがどうしても苦痛であるが同時に、実際に世の中を生きる人々の多くは自分の姿を俯瞰では見られない。義輝は将軍なのであるが、同時に読者は同じ人間であると感じ、そこに感動するのではないだろうか。

 

それにしても、伏線を張るのに上下巻を費やすのはちょっと長すぎる。せめて上下巻でなんとかして欲しかった。

 

 

剣豪将軍義輝 上 鳳雛ノ太刀<新装版> (徳間文庫)

剣豪将軍義輝 上 鳳雛ノ太刀<新装版> (徳間文庫)

 
剣豪将軍義輝 中 孤雲ノ太刀<新装版> (徳間文庫)

剣豪将軍義輝 中 孤雲ノ太刀<新装版> (徳間文庫)

 
剣豪将軍義輝 下 流星ノ太刀<新装版> (徳間文庫)

剣豪将軍義輝 下 流星ノ太刀<新装版> (徳間文庫)

 

 

 

にほんブログ村 本ブログへ