池波正太郎をめざして

読書の栞

日々の読書の記録、感想を書きます。

新書

「投資バカ」&「元コンビニ店員だけど、FXで月給100万ちょいもらっている話」

// 小説を書くのに、参考にしようと思って、両書を読んだ。 投資をやる人間というのはどういう傾向を持つのか、ということを知るためだ。 その目的に合致しているのは、(意外だろうか)「FXで~」の方だった。その傾向は別の記事に書くとする。 この記事…

池上彰「世界を動かす巨人たち<経済人編>」

// 世界を動かす巨人たち <経済人編> (集英社新書) 作者: 池上彰 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2017/07/14 メディア: 新書 この商品を含むブログを見る 夏休みももうすぐ終わり。 宿題に追われている子どももいることだろう。特に読書感想文はだるい。 …

「ビジネスエリートの新論語」司馬遼太郎

// この文章は、司馬遼太郎が産経新聞の記者だった当時に書かれたものだ。古今東西の警句を元に、新しい論語を作り出そうと試みている。 当時三十代であった司馬遼太郎の若々しい文章が読めるのも楽しいのだが、何冊かサラリーマン小説をもとにサラリーマン…

逆説の日本史&「家康研究の最前線」

// 安倍晋三首相は、自身が長州出身であることを誇っている。 それについて否定するつもりはない。 逆説の日本史という、井沢元彦がライフワークとして続けているシリーズがある。資料偏重主義の日本史の学者が見落としがちな、その当時の常識を駆使すること…

生き方を見直す。「不運と思うな」伊集院静

// 他人のせいにして生きるのは楽だ。 国のせいにするのは楽だ。 時代のせいにするのは楽だ。 とかく人は不遇をかこったとき、自分以外の何かに原因を求める。納得いかない人生を、そうして落トシマエをつける。できればだれも傷つかない、大きな集団の方が…

あと三時間あるよ。参院選特集、どうやって候補を選ぶのか。

// 目次 参議院選について なら、どうする? 比例代表はどうするか 選挙は行った方がいい 先に目次を書こう。 目次 「言ってはいけない残酷すぎる真実」 Ⅰ努力は遺伝に勝てないのか ①遺伝にまつわる語られざるタブー ②「頭が良くなる」とはどういうことか ③…

人類最強の「糖質制限」論。

// 本書では糖質制限をするのがいかに有効かを説いている。 糖質を制限すると、肥満が解消され、ガンにはならず、心臓病、脳卒中、脳出血、認知症、アルツハイマー、糖尿病も防ぐことができると解説される。 本書の江部康二医師は三種類の糖質制限を提言して…